就活生は覚えておきたい、メモの取り方

ブログをご覧いただいているみなさま^^こんにちは、神戸三宮ココロスタジオの西川です。

少し前の話になりますが、神戸さんちかがリニューアルオープンしました。
ココロスタジオはこのさんちかを利用してお越し下さったら、三宮各駅より雨に濡れる事無くお店にお越し頂けるんですね♪夏は涼しく、冬はあたたかく、通勤できるのでスタッフもさんちかはよく利用します。

このさんちかに神戸では有名な「ナガサワ文具」があります。
リニューアル前はポップな感じでしたが、新しく生まれ変わったナガサワ文具はめちゃスタイリッシュです@0@!!

ナガサワ文具さんちか店

文房具ブームは今も続いてますね。普段使いするものだけど、毎日を楽しく過ごしたい人に可愛くてお役立ちアイテムの文房具集めは趣味のひとつになっていますよね♪

文房具のなかで最も活用する事が多いのが「メモとペン」。
就活中に限らず、これからもずっとメモを取りつづけることになります。

ただ、メモを取るにもポイントがあるのをご存知ですか?

メモのポイント

就活生のためのお役立ちブログ|三宮ココロスタジオ

「記憶に頼らず記録に残す」事は仕事ではとても重要な事です。
ですが、会話中にメモを必死に取り過ぎて相手の顔を見ていないと、「この人に伝わっているだろうか…」と相手は不安になります。コミュニケーションを取りながらメモをするのも大切なコミュニケーションです。全てを書くのではなく、素早くポイントを抑えて書きましょう。

では、どんな事をメモしておけばよいのでしょうか?

 

①会話に出てくる回数が多いキーワード
…相手が伝えたいところです。強調するために抑揚がついたり、何度も発言し、自分の耳に残ったキーワードは控えておきましょう。

②合意したこと(自分も共感できること)
…志望動機や今後につながるポイントとなります。

③疑問や不明点
…その場で確認できない事もしばしば。また、話を中断出来ないので、最後にまとめて聞けるように、気になった事は書き留めておくのが大切です。

④数字(日時や数量、電話番号など)
…あとで間違えると大変なのが数字関係です。曖昧ではない内容はきちんと書き記しておきましょう。

⑤相手の名前や雰囲気
…名前は後になればなるほど改めて聞きにくいものです。最初に聞いてメモを取っておく事でその後のコミュニケーションもスムーズです。積極的に相手の名前を呼ぶ事で、相手も心を開いてくれるようになりますし、自分も覚える事が出来ます。

いかがでしたか?メモは時間が経つと判読できなくなることもありますので、帰ったらまた素敵なノートに書き写すのを忘れないようにしておきましょう☆

さんちかでメモをチェックしたらついでにココロスタジオの見学にもお気軽にお越し下さいね♪

 

三宮ココロスタジオの道順はこちら☆

 

 

Post Navigation

撮影メニュー20%OFF 撮影メニュー20%OFF