印象の良い人の声の出し方

ブログをご覧いただいているみなさま^^こんにちは、神戸三宮ココロスタジオの西川です。

前回のブログでは好印象の人の共通点について書きました。
今回はその続編で、見た目の次に大切な印象の良い声についてをテーマにしたいと思います。

声で好印象を与えるには|三宮証明写真はココロスタジオで

話し方を注意される人の共通点

これは就活に限らず、社会人になっても覚えておきたい事です。

というのも、私たちココロスタジオのスタッフも、日々この「話し方」についてはトレーニングの必要性を感じているのです。

接客、電話対応など、毎日社内外で言葉を交わします。
会話は毎日のことで、気が抜けやすく、またプライベートとの切り替えができてないと自分では気づかず、相手に途端に不快感を感じさせてしまいます。

言葉には尊敬語、謙譲語、丁寧語などありますが、難しい言葉を上手に伝える事ももちろん大切ですが、その前に、伝えたい気持ちを添えて、相手に届く声の大きさや高さで話す事が最も大切です。

では話し方を注意される人の共通点はなんでしょう?

①早口でしゃべる

②弱々しくて聞き取りにくい

③メリハリがない話し方

④だらだらと話し続ける

普段はこれらを守れても、緊張するとどうしても早口になってしまったり、顔が下がって声が飛ばずにこもってしまう事があります。ポイントは声に抑揚をつける事。一本調子にならないように、早さや声の大きさ等、話し方ひとつで改善されるのです。

話す前に呼吸を意識して

電話で話す時や面接の第一声など、誰しも緊張してうまく声が出せないときもあります。
そんな時はまずは深呼吸。できない環境なら息をすることを忘れないように気をつけましょう。

緊張すると息が浅くなります。そうすると、声が弱くなり、早口になりがちです。
身体がカチカチでも同じ状況になるので、肩を軽くまわすなど、声が出るようにリラックスを心がけましょう。

あとは気持ちの問題です。
電話口の相手も、面接官も、自分と同様緊張をしているかもしれません。
意識が自分に向き過ぎていると緊張が高まります。
相手に意識を向ければ見えてくるものも変わります。イメージ(想像力)はこんなところでも大切になってきますね。

 

きちんと準備をし、練習を重ねれば自信がつけば、大丈夫です。
ただ、相手は常に同じではありません。初心を忘れず、日々練習を重ねるように意識し続けましょう。

証明写真では声は聞こえませんが、「この人とあってみたいな」「この人と話してみたいな」と感じてもらえる写真を準備する事ができます。
第一印象の前の第0印象を撮りに来られませんか?

撮影の流れはこちら☆

三宮ココロスタジオは三宮各駅より徒歩約10分。
地下を通ってお越し頂けるので強い陽射しも急な雨でも安心です^^

ココロスタジオまでの道順はこちら☆

 

 

Post Navigation

撮影メニュー20%OFF 撮影メニュー20%OFF