就活生、自己紹介は得意ですか?

就活生のみなさん こんにちは、神戸三宮証明写真ココロスタジオの西川です。

台風18号が去っていきました。本当に今年は雨の日が多くて困ったもんです。就活生の皆さんはいかがお過ごしですか?
天気も不安定なうえに、季節の変わり目ということもあり、体調を崩しがちです。こんな時は美味しいものしっかり食べてぐっすり寝るに限りますが、彩りの美しいお食事がベスト。視覚情報は脳の刺激にもなり、一石二鳥です。私も先日色みの美しいモーニングを頂いてきました^^ブルーベリーのサラダドレッシング、予想以上に美味でした♪

12007167_531319647024272_2022984855_n

 

さて、今回のテーマは「就活生、自己紹介は得意ですか?」です。

面接に限らず、自己紹介はいろんな場面でしなくてはなりません。また、面接の自己紹介は日常生活で行う自己紹介と異なる部分も多くあります。就活生の面接での自己紹介は自己PRなので、自分の長所を前に出していくイメージですが、普段の自己紹介で「ワタシワタシ」になると煙たがられることがあります。

でもふと思います。就活の面接も基本人と人の関係。自己PRも自分のパワーを打ち出し過ぎるよりも謙虚な姿勢もみせる事が好印象につながる事もあるのではないでしょうか?実際に私の友人は面接の自己紹介タイムで自分が出来る事をしっかりアピールしたはずが、「謙虚さが感じられない」という理由で面接に通らなかった事がありました。自己PRと自己紹介は分けて考えた方がいいですね。

自己紹介は明るく社交的な印象で、リズミカルかつシンプルに済ませるのがベター。この後のPRをプラスに受け取ってもらえるようにここで相手に好印象を与えておかなくてはいけません。

では自己紹介で好印象にみせるにはどうすればいいでしょうか?

はっきりと通る声で、大きく、ハキハキと、丁寧に、素早く行動をする…など色々思いつくと思いますが、なによりもまず【姿勢】が大切です。姿勢から緊張が伝わり、指先まで集中できているかを一瞬で見抜かれます。キレイに立てる事は、健康的でありマナーを知っている人と認識してもらえます。

そのポイントは

▼足のかかとはキレイに揃える
▼肩甲骨を開いて胸を張る
▼顔はまっすぐ、アゴが下がったり上がったりしない
▼指先まできちんと伸ばす

「なんだ〜そんなことか」と思いがちですが、緊張していると身体の先端まで以外に気が回らないものです。(モジモジしてしまったり…)これは就活生に限らず社会人でもよく見られることです。

姿勢がキレイなだけで、印象は大きく変わります。自己PRを上手に伝える事も大切ですが、シンプルに名前だけの自己紹介でハートを掴めるようになる事も大切ですね^^

Post Navigation

撮影メニュー20%OFF 撮影メニュー20%OFF