就活男子、シャツの選び方

就活男子シリーズも第3回目となりました。ネクタイ、靴ときて今回はシャツ。シャツの選び方の基本をお伝えしたいと思います。

N745_su-tuwohaorusarari-man500

就活生のみなさん こんにちは、神戸三宮cocoro studio Make-up artistの西川ともこです。今回のテーマは「就活男子、シャツの選び方」です。

まず袖ですが、就活生はもちろん長袖をセレクトしてくださいね。クールビズな時代ではありますが、ファッションとは「相手への敬意」でもあります。視覚で相手への敬意を現し、自分の魅力をアピールする方法の1つです。半袖はあまりにカジュアル。サービス業のユニフォームにも見えますし、相手に「自分は大切にされていない」と思わせる事に。就活後も人と接する仕事をされる方は自分の為にも人の為にも会社の為にも長袖を着用しましょう。

①素材
おすすめは綿100%ですが、洗濯やアイロンも大変なのでクリーニングを利用出来ないのであればポリエステルの入った形状記憶でOK。着心地や吸水性を考えると綿がベストですが、ケアがストレスになっては意味がないので自分にあったものを選びましょう。その代わり下着は必ず着用します。白の無地を選び、シャツにうつらないように気をつけましょう。

②サイズ
サイズで最も気をつけて欲しいのは首回りです。証明写真の撮影の時によく後ろを詰めて首回りをスッキリさせて撮影します。多くの方が少し大きめの首回りを選ばれているようです。首元があいていると少し情けなくだらしない印象にうつりがち。出来ればオーダーシャツがおすすめです。1枚平均7,000円くらいから作れます。少し高いと感じるかもしれませんがシャツ1枚でスーツやネクタイも格好良くみえるので、ぜひ1枚セミオーダーにチャレンジされてはいかがでしょうか?時計をつける方の袖は短く、両腕の長さの違い…など新しい発見もいっぱいですよ!記録をお店に残してくれるので自分の体系をチェックするのにも最適です。最後にジャケットを着て確認します。襟、袖口からともに1cm〜1.5cm出ていることが基本になります。ご参考になさってくださいね。

神戸証明写真ココロスタジオにも多くの学生さんにご利用いただいております。就活男子も女子も襟のアイロンはしっかりあてて来てくださいね。証明写真は4cm×3cmの小さな世界。襟元のしわが結構目立ちます。襟はぱりっとのりをきかせたほうが清潔感があり好印象です。めんどくさくてもVゾーンだけはきちんとおシワをのばしてからお越し下さいね^^

Post Navigation

撮影メニュー20%OFF 撮影メニュー20%OFF