就活男子、スーツの着こなし方

今回で就活男子シリーズも第4回。たかがスーツ、されどスーツ!オフィスファッションスタイルにも色んなルールがあります。どうせ着るなら格好良く着こなしたい!そんな就活生を応援する神戸ココロスタジオのブログです。どうぞ男子も女子もご覧ください^0^

F178_nekutaidansi500

就活生のみなさん こんにちは、神戸三宮cocoro studio Make-up artistの西川ともこです。今回のテーマは「就活男子、スーツの着こなし方」です。

スタジオにお越し頂いたとき、男女共にメイクをします。(レディースプラン、メンズプランご希望者のみ)その時にジャケットをお預かりするのですが…ずしっ!!と重いのです。そう、ポケットに色んなものが入っていてずっしりしている人がたくさんいます。最近は女性のジャケットも便利ということで男性ばりにポケットがついているものも販売されていますね。私もスーツを着て働いていた時はそのポケットがものすごーく欲しかったものです。しかし、本当はポケットにものを入れるのは今日で卒業して頂きたいのです。スーツのポケットはデザインであり、ものを入れるものではないと思って頂きたいのです。ポケットに携帯電話や小銭、ボールペン等をいれると、重さでポケットの形が崩れます。スーツにたるみやシワができるとだらしなく見え、清潔感もなくなります。スーツのポケットには基本何も入れないようにしましょう。

次に撮影に入る前に鏡をチェックして頂くのですが、鏡を見ても意外に気づかれないのが「ネクタイのズレ」です。結び目がずれて下のボタンが見えているのにあまり気づかれない人が多いです。(どうやら見慣れない髪型の方が気になるようです)結び目を真ん中にし、シャツの第一ボタンが見えていないかチェックしましょう。証明写真にはこのVゾーンしか写りません。その小さな世界での勝負になります。スッキリと清潔感のある印象が演出出来るように首回りはジャストサイズで、ネクタイはきちんと結び目を正しましょう。

最後に証明写真では写りませんが、面接等で気をつけたいのが、スーツのシワ。ジャケットの背中にシワが入っている人がいます。後ろ姿がだらしないと一気に印象が悪くなります。帰宅したらスーツはかけて風を通し、シワが入らないように管理しましょう。パンツはプレスをして折り目を正しくつけてスマートにみせるようにしましょう。

おまけですが、エチケットブラシはご存知ですか?最近はすっかり見なくなりましたが、服についたゴミをとるにはおすすめです。鞄に携帯しておきましょう。

エチケットブラシ

※写真はインターネットよりお借りしております。

Post Navigation

撮影メニュー20%OFF 撮影メニュー20%OFF