就活男子、ネクタイの選び方

もうすぐ2月も終わり、3月に突入ですね。3月1日からエントリーも開始。テレビCMも流れて意識も高まりますね!最近の神戸ココロスタジオは就活男子がたくさんきてくれるようになりました。当初は就活女子が多かったので記事も女子向けに書いていましたが、そんなこともあり、今回から少し就活男子記事をご用意させていただくことにしました^^就活女子のみなさまもよかったら読んでください☆

OJS_nekutaiwoshimerushinsyakaijinn500

就活生のみなさん こんにちは、神戸三宮cocoro studio Make-up artistの西川ともこです。今回のテーマは「就活男子、ネクタイの選び方」です。

就活に限らず、男性がスーツを着た時に特に気をつけたいのがネクタイ選びです。ネクタイは最も印象が強く残るところです。男性オフィスファッションで色の主張はここだけになりますから当然ですよね。このアピールポイントを生かさない手はありません。それでは正しいネクタイの基本についてお伝え致します。

①おすすめの柄
ネクタイの柄おすすめは無地とストライプです。品の良い印象は無地、学生らしい爽やかさを演出するならストライプがいいですね。社会人になったら小紋(均等に並んだ小さな模様)やピンドット(小さな水玉)がフォーマルで好印象ですが、フレッシュマンなので若々しさを演出するストライプがお勧めです。ストライプの幅は身体の大きな人は太目の幅、スリムな人は幅は狭いものを選びましょう。また、最近チェック柄をよく見かけます。絶対NGではありませんが、カジュアルな印象にはなります。選ぶ職種によっては控えたほうが無難でもあります。

※欧米でのストライプタイ(本来はレジメンタルタイと言います)は自分の所属(組織・学校・団体など)を現す柄として利用されています。なので一般フォーマルとしてはあまり使われません。

②おすすめの色
色は薄く、柄は小さい方が上品な印象になります。最も安定感のある色は青。爽やかでスッキリとした印象、青は世界で一番愛されている色とも言われています。知的で冷静なイメージにもなるのでおすすめです。強い色はその人とのイメージとあっていないと、色だけが主張し、その人本人の魅力は半減します。パワーカラーに頼らず本人の良さを引き出してくれる色を店員さんやご両親と相談して選びましょう。

ネクタイは顔の真下にあるので、実は結構汚れています。食べ物のスープやケチャプなどシミや汚れが結構目立ちます。お食事のときは特に気をつけてくださいね。

Post Navigation

撮影メニュー20%OFF 撮影メニュー20%OFF