暑くてもスッキリ見える就活スタイルとは

就活生のみなさん こんにちは、神戸三宮証明写真ココロスタジオの西川ともこです。

昨日の台風11号の爪痕が残り、神戸に住まれている皆さんは移動に不自由されているのではないでしょうか?私の住んでいる地区の主要道路も土砂崩れ&倒木のため通行止めです!まだまだ復旧には時間がかかるかもですね!みなさんお出かけの際にはお気をつけて〜^^

さて、梅雨もそろそろ明けますね。今から気になってくるのは日焼けや汗、体臭でしょうか。就活生のみなさんはリクルートスーツを着て就職活動されるのですが、着慣れないスーツはとても暑くて着心地の悪いものかもしれません。しかし就活生みんな同じ条件です。少しでも涼しげで清潔感のある印象に仕上げたいですよね!今日のブログテーマは「暑くてもスッキリ見える就活スタイルとは」です。あ!今回は女子むけの記事です^^

黒いスーツは黒という色の作用もあって、暑苦しく、重たい印象に見えがちです。ただでさえ暑くて汗ばんでいるのに、スッキリと爽やかに演出するのは至難のわざかもしれません。そこで今日は何点かポイントをしぼっておツタエッセて頂きますね^^

①髪はスッキリ一つにまとめて前髪は眉にかからないようにする。
首回りの汗で襟足の髪がベタついているのは見ている方も暑苦しく感じます。落ちてくる前髪を触り続ける仕草も気になってしまいます。スッキリ爽やかな印象にする為にも髪はまとめて、手で触らなくてもいいように固めにスプレーで固めてしまいましょう。

②襟は開襟で涼しげに。
襟が大きく開く開襟シャツのデザインは暑い夏にはピッタリです。鎖骨が見えるとスッキリして見えるし顔がはっきり明るく見えます。普段は華やかな職業希望の方に選ばれがちですが、季節感を大切にした着こなしは職種に限らず好印象でしょう。

③パンツよりスカート。
肌色が見える面積が多い方がスッキリ涼しげに見えます。また、企業にもよりますが、パンツよりスカートの方が印象がいいと言うところもあるようです。グレーや白のスーツならパンツもスッキリスマートに見えますが、黒となるとやはり暑くて重たい印象になります。もしまだ購入していないのなら1枚スカートは準備されておかれた方が良いと思います。

以上3点見えるところをお話ししましたが、実は見えないところも大切です。汗脇パットなど自分が不快でない状態を保つことが大切です。セルフイメージを高めて、相手により好印象を持ってもらえるように心がけましょう^^

Post Navigation

撮影メニュー20%OFF 撮影メニュー20%OFF