証明写真を眼鏡をかけて撮る就活生さんへ

ブログをご覧いただいているみなさま^^こんにちは、神戸三宮ココロスタジオの西川です。

あたたかい日が続いていますが、明日からまた急に冷え込むようですね。
週明けには4月初旬のあたたかさにもどるとか!?寒暖差は体調を崩しがちなので、みなさん気をつけてくださいね^^

花粉が多い季節でもあり、アレルギーが気になる今日このごろ。そんな中でも今日も多くの就活生さんが三宮のココロスタジオまで足を運んでくださいました!嬉しい限りです☆

面接で眼鏡をかけますか?

さて、今回のテーマは就活証明写真撮影の際にかける「眼鏡」についてです。
面接で眼鏡を着用するなら、証明写真も印象が大きく変わり過ぎないように眼鏡を着用された方が良いですね^^

PAK86_meganewo1039500

眼鏡をかけて撮影すると決めたら、今度は眼鏡選びです。
写真で影響がでるNGを下記まとめてみました!
↓↓↓

1・PC用ブルーライトレンズの眼鏡以外を選びましょう。
☞写真に撮ると、眼鏡のレンズが茶色っぽく写ります。目の周りは明るい方が好印象です。ブルーライトレンズでなくても色の入っていないレンズを選びましょう。

2・フレームが歪んでいないもの。
☞眼鏡のフレームの着脱やしまう時など衝撃でフレームが歪んでいる事があります。眼鏡をかけたまま寝てしまうと大きく歪んでしまう事も!フレームの歪みは写真にでます。真正面から見て歪んでいないか確認しておきましょう。

3・眼鏡サイドのネジのゆるみに気をつけましょう。
☞ネジがゆるんで下がりやすくなっていませんか?フレームが下がると目のアイラインに重なってしまい、目元の印象が弱まってしまいます。

4・まつ毛が長い人は鼻当てのある眼鏡を
☞高さが無いとまつ毛が眼鏡にあたりますので、まつげエクステやマスカラをする人はチェックしておきましょう。

眼鏡の素材や形で印象が変わる!

昔のTVコマーシャルで「眼鏡は顔の一部です〜♪」なんていうのがありましたが、まさにそのとおりです。
眼鏡の印象がつよければ顔のポイントよりも「眼鏡の人」で覚えられてしまうくらいインパクトが強いものです。

就活ではトレンドをおい過ぎたデザインよりも、顔の印象を邪魔しない素材やデザイン、色が望ましいですね。

たとえば、縁なし眼鏡や、細く無彩色のフレームなどおすすめです。

そして大切なのは自分が気に入っている事です^^お気に入りの眼鏡をピカピカに磨いて撮影におこしくださいね☆

頑張る就活生を応援するキャンペーンは3月末まで
中旬まではご予約が詰まっていますので、お早めに下旬の予定を確保してくださいね〜!

 

Post Navigation

撮影メニュー20%OFF 撮影メニュー20%OFF