面接で、やる気 本気はなにで伝わる!?

就活生のみなさん こんにちは、神戸三宮証明写真ココロスタジオの西川ともこです。

先日「神戸どうぶつ王国」に行ってきました!

11780516_513852708770966_1411050127_n

以前は「花鳥園」でしたよね^^その頃からファンでしたので年間パスを購入していましたが、今はもう無いんですね(涙)その代わり、以前よりも多くの動物達がやってきました^^カンガルーの赤ちゃん、お腹に入って寝てました♫

11778107_513853735437530_1399144782_n

 

ハシビロコウなんかもいて、随分パワーアップした感じです☆ラクダやオットセイもいて、わくわくの連続でした!

その帰りにはIKEAによったりして、神戸ポートアイランドは子供も大人も楽しめるスポットになった事がとても嬉しいです♫

 

さて、今回のブログテーマは【面接で、やる気 本気はなにで伝わる!?】です。

本当は今回のブログはこのテーマではなかったのですが、ココロスタジオにとある会社のTOPの方がブランディングフォト(簡単にいうとプロフィール写真のようなものです)の撮影にお越し頂き、その際に色々お話を伺う事が出来たのでその内容をシェアしたくてこのテーマでお届けしようと思います。

その方に単刀直入に私から質問をさせて頂きました。「もし新卒採用面接を担当するなら、多くの人の中からひとりを選ぶなら何を大切に選考されますか?」と伺いました。そこで返ってきた答えは2つ。それらはどちらも意外にシンプルで驚きました。それは

 

「瞳が輝いている人」

 

キラキラしている人、ということです。瞳がキラキラしている人は「やる気が満ちている証拠」だとおっしゃられました。素晴らしい質疑応答や立ち振る舞、それよりもこれから待っている未来にワクワクしている、働くことが待ち遠しいという姿勢の人材が欲しいと。

 

もうひとつは

「なんでもできなくていい、ひとつだけ誰にも負けない技があれば」

 

あれもこれもそつなくこなす人材よりも、たったひとつだけでもいいから「誰にも負けない!」と自信を持ってアクションを起こせる何かを持っている人に魅力を感じるそうです。例えるなら格闘技で、パンチもキックも頭突きも出来るけれど、相手を倒せるパワーがない人よりも、パンチしか出来ないけれど、確実に仕留める力を持つ人材が欲しいとのこと。

 

さすがわかりやすい!!

 

美しい目ヂカラは白目が白くて、潤いがある状態のことです。テクニック面としては目薬を定期的に注すということ。ハートの面で言うならば相手に興味関心を持ち、会話に対し心の中で「それで?それで?」とワクワクして話を聞く事でしょう。

 

質疑応答の模範解答よりも情熱が求められているようです。
あなたの瞳には熱意は宿っていますか?

 

 

Post Navigation

撮影メニュー20%OFF 撮影メニュー20%OFF