就活生の必需品

先日、日夜飛び回っている友人から連絡が入り、たまたま滞在中のホテルの近くにいたので立ち寄りました。ホテル ラ・スィート神戸ハーバーランドという全室スィートというとてもリッチでラグジュアリーなホテルに泊まってらしたのでそこの1階でお茶する事になりました。
2015-01-30-12-48-37_photo (1)

流石一流のサービス。ソファーの座り心地も最高です!お昼間でしたが、お客様はいっぱい!キラキラマブシイご婦人達が優雅にtea time。きれいだからついつい見とれてしまいます。私がいつも見てしまうのはヘアメイク。職業病です(汗)。その次に見てしまうのが、カバンなんです。

 

就活生のみなさん こんにちは、神戸三宮cocoro studio Make-up artistの西川ともこです。今回のテーマは「就活生の必需品」です。

話を戻しますね。私が鞄で気になるのは【大きさ】なんです。美しい人の鞄の共通点なんですが、それは【ちいさい】ということです。サブバックもなく、小ぶりのハンドバックひとつだけを持つ。美しい人達は必要最低限の物だけを持ち、とても身軽で軽快に歩きます。だから立ち姿がとても美しいのが特徴。小さな機能美に溢れた鞄のセレクトについ目を奪われるのです。就活生のみなさんの鞄はA4ファイルが入る大きめの鞄ですが、それでも中には必要な物を厳選して軽く、軽快に動けるようにする事で美しい所作になります。では、就活生にとっての必需品とはなんでしょうか?
□履歴書やエントリーシートや会社資料
□スケジュール帳やメモ帳
□筆記用具
□携帯電話(マップのアプリ)
□メイク道具やエチケットブラシ
□身だしなみグッズ(目薬、清涼菓子、ハンカチなど)

これらは必ず必要になる物です。それでも鞄の中は常に3割はスペースをあけておきます。もし、雨が降るかもしれない天気であればここに折り畳み傘が入る事になります。人はどうしてもあいているスペースを埋めたがるクセがあるのですが、収納でもなんでも3割のスペースをあけておく事がキモだと言われています。

面接マニュアル本などを携帯したい思いもあるかもしれませんが、それが万が一相手に見えてしまうと良い印象は得られないので、面接当日は持ち歩かないようにしましょう。

「鞄の整理は面倒だからまた時間のある時に…」と思ってはいけません!物事を後回しにするということは運気を下げる事になると先日私もセミナーで聞きました。今、就活の鞄だけでなく、普段の鞄の中身を確認してみましょう。そして、スマートな立ち姿になれるよう、荷物を最低限に減らして活動に備えましょう。

Post Navigation

撮影メニュー20%OFF 撮影メニュー20%OFF