判断基準はネットから? 新聞や雑誌から? それとも・・・

9月に就活の情報収集について書きましたが

前回の記事はコチラ
《就活サイトは複数サイト登録しよう!》

ネットにも頼りますが、情報集の基本はやはり新聞でしょう!

実際にネット(企業ホームページ)ではマイナス情報を目にする事はありません

2chとか面白おかしく自由を楽しんで書いている方もいますが、それはそれ!

記者が取材して裏をとってある新聞や雑誌は、やはり客観的に見られているので

良い情報、悪い情報も手に入り、そこで得た情報はESや面接に引用する事ができます。

採用される確率が上がるなら、企業の研究ノートを作るのもいいかもしれませんね!

履歴書用・ES用の作成のコツ

企業の研究目的はもちろん「採用される!」といのが大きな目的ですが

それをする事で、①志望企業が自分にあっているのかを知る必要があります。

そして研究することで、②採用担当者が納得できる志望動機を作っていくのです。

ESや面接では上記の2点を文章や言葉で表現していきます。

①同業他社は何社もあるのに、なぜその企業を選んだのか。

②同業他社と比べた、強みと弱みはなにか。

③同業他社と比べた、製品や売上の構成比、将来性、働く環境に違いがあるか。

④この会社で自分がどのように活躍できるか。

上記の4つにちゃんと答えられなければ、もう少し深く研究する必要がありそうですね!

まずは新聞や雑誌を読んでみましょう!

お勧めは「AERA」 「東洋経済」 「ダイヤモンド」・・・これらの購読が困難な場合は

学校の就職課や図書館にあるかもしれませんね。

もう少し深く情報を得る為に、最初に考える事は「ゆずれない基準」を設けましょう!

無作為に情報を集めても、その会社を志望する動機が曖昧になります。なので基準を設けるのです。

なんでも構いません。複数でもいいのです。

給与なのか、業務内容なのか。勤務地なのか。。。どれも大事です。

基準項目が決まったら、企業ごとに違いや特徴を洗い出し、必ず紙に書いて比較できるようにします。

前回はネットからの情報収集 《就活サイトは複数サイト登録しよう!》

今回は新聞や雑誌ときましたが、この2つは誰もが知りうる情報ですので、

ライバル達と差をつけたければOG・OB訪問の時に直接聴いた情報が大切になってきますね!

ここで少しCMを!

企業が求める人材に合わせて、ESや履歴書用の写真も業界別にヘアーセットやメイクの必要があります。

cocoro studio(ココロスタジオ)で就活用写真をご予約いただくと、

証明写真だけでなく、面接の時に使える「好印象なメイク」も教えてもらえますよ!

業界別の証明写真のポイントはコチラ

Post Navigation

撮影メニュー20%OFF 撮影メニュー20%OFF