就活生、集団面接をどう乗り越える?

就活生のみなさん こんにちは、神戸三宮証明写真ココロスタジオの西川ともこです。

今日の神戸は台風11号の影響で朝から晩まで電車、道路どこも混乱状態でした。私も帰り道に土砂崩れが発生し、帰宅に倍以上の時間がかかりました。しばらく通勤路は通行止めになりそうです><さて、どうしたものか^^;

さて、今日のブログのテーマは「集団面接をどう乗り越える?」です。
もうすぐ8月、面接シーズン到来ですね!多くの企業が集団面接をします。理由は多くの学生に参加をしてもらいという事と、集団行動を観察したいからと言われています。そう、個人面接よりも他人との関わりが生まれるため、応用力があるか、まわりを見れているか、チーム力があるかなど就活生の情報を収集するのに適しているからです。

では集団面接になるとどんなことが就活生に取ってつらいのでしょう?

・まわりに多くの人がいると緊張して話せない、実力が出せない。
・まわりの就活生とどう接していいかわからない。

まわりに人がいればいるほど、緊張して噛んでしまったり、頭が真っ白になってしまう…わからなくもないです。ではなぜ、そうなってしまうのでしょう?それはまわりにいる人全員に自分の事をわかってもらおうとするからではないでしょうか?まわりの就活生も当然緊張しています。あなたの話に反応するほど余裕はありません。そんな無反応なまわりの表情をみて、より不安になってくる…それではいけませんね。あなたは面接官の中でも相づちを打ってくれる、笑顔を絶やさない、そんな人をひとりみつけてその人と対話をするイメージで挑みましょう。学生が緊張をするのは当たり前です。不自然に上手く話そうとせず、丁寧にメッセージが伝わるように工夫しましょう。

ではもう1つの「まわりの修勝生徒の接し方」についてです。これは上記をもう一度読めばきっと気づきます。人の話を聞く時に無表情で無反応ではいけません。他の人が話している時はきちんと話を聞き、相づちを打って、話しやすい雰囲気をつくるようにしましょう。同じグループになったメンバーと「一緒に内定をとるんだ!」という気持ちで空気を良くするサポートをしてみてください。あなたの他人との関わり方を面接官は見ています。チーム力は何気ないコミュニケーションシーンで判断されている事、多いようです。

髪型の乱れを教えてあげたり、スーツの後ろ姿にゴミがついてあったら伝えてあげましょう。スーツの仕付け糸がついたままなんてこと、良くあります。もし白い糸がついていたら教えてあげてくださいね^^

Post Navigation

撮影メニュー20%OFF 撮影メニュー20%OFF