就活生の化粧崩れ対策

ブログをご覧いただいているみなさま^^こんにちは、神戸三宮ココロスタジオの西川です。

昨日は所用で大阪に出ていましたが、暑い中、就活生がスーツ姿で電車移動している姿をお見かけしました。
この時期は暑さだけでなく、湿度も高くジメジメした気候。

三宮の地下から直結のココロスタジオは雨の時期でも濡れずにお越し頂けます

この湿度が高い時期は特に胃腸の働きが低下しやすい時です。
食欲が落ちて、元気が出ない人もいらっしゃるのではないでしょうか?
こんな時期に欲しくなる冷たいものは内蔵を冷やします。内蔵が冷えると身体の色んなところに不調がでてくるので、しょうがやシソなど血行をよくし、身体をあたためてくれる食材を食べて夏バテを回避しましょう☆

さて、この時期は体調管理も大変ですが、女性はそれプラス「化粧崩れ」や「紫外線」が気になる時期でもありますね。
今日のテーマは就活生のこの季節のお化粧対策についてです。

化粧直しで紫外線から肌を守ろう

 

「化粧直しの回数は美人度数」 と聞いたことがあります。

化粧直しをすることで常に美しくいられるのですが、この時期はそれだけではありません。
化粧崩れをしているところからどんどん紫外線の影響でシミやシワの原因である光老化がはじまります。

知っておきたい紫外線関連記事はこちら☆

化粧崩れしやすいのは

口の周り(食事の後、拭いて化粧も一緒にとれてしまう)
こめかみ周辺(皮脂がでやすく、汗も流れる)
Tゾーン(鼻まわり。皮脂の分泌が多く崩れやすい)

この3点が特に崩れやすいところ。なのでこの3点周辺には特にシミやシワができやすいのです。
きちんとメイクを出来ていれば頬あたりはそんなに崩れません。ですがお化粧直しの際に、頬を含め全体にファンデーションを重ねるので厚ぼったくなっている人をお見かけします。

化粧直しのポイントは、顔の皮脂や汗をしっかり抑えてから、必要な箇所に必要な分だけカバーをする事が大切です。

また、この時期におすすめのファンデーションは、リキッドよりもパウダーファンデーションの方がおすすめです。
紫外線を反射させるのはパウダーの方が優秀です。

ただ、私自身もそうですが、リキッドの方が仕上がりが好みという方。その方は化粧直しだけ、パウダーを持参されても良いと思います。

汗をかいたらティッシュでかるく抑え、テカリやべたつきを感じたら一度化粧直しの時間をとりましょう^^

日焼けする前に証明写真を

2017年卒生さんも2018年卒生さんも、本格的な夏がくる前に証明写真を準備しておきませんか?
日焼けする前に撮影をした方が、事前準備をきちんとしている印象になります。

また7月末まではお得なキャンペーン実施中です☆
是非この時期にココロスタジオをご利用下さいね♪

就活生応援キャンペーンの詳細はこちら☆

Post Navigation

撮影メニュー20%OFF 撮影メニュー20%OFF