就活証明写真の写りが良い人、悪い人

ブログをご覧いただいているみなさま^^こんにちは、神戸三宮ココロスタジオの西川です。

6月1日にリニューアルオープンしました!
あたたかい雰囲気のスタジオからがらっと変わりましたよ〜^^
今のココロスタジオは看護師を目指す学生さんがお見えになるシーズンです。
履歴書の写真は一般的な4cm×3cmが多いのですが、たまにとても大きな特殊サイズを希望される方もいらっしゃいます。是非、証明写真を撮りにくる前に今一度サイズの最終確認をしておいてくださいね^^

今日のブログテーマは「写真写りが良い人とは?」です。

写真写りが良い人、なんで?

就活証明写真は三宮ココロスタジオで!

証明写真に限らず、スナップでも写真写りが良い人っていますよね。
写真写りが良い人とそうでない人の違いはたくさんあります。

①普段から表情豊かな人、顔の筋肉がよく動く人

②写真に撮られ慣れている人

③イメージ力の高い人

④コミュニケーション力の高い人

 

①は生まれつきできる人、そうでない人もいます。ただ、表情の美しい人の多くは表情筋トレーニングやマッサージをされています。キャビンアテンダントに内定をもらったという就活生さんは、毎朝1分間鏡の前で笑顔のトレーニングをしているとおっしゃっていました。表情筋は当然身体の筋肉と同じなので鍛えればどんどん良くなっていくんですね。

②はあまりいませんが、写真を撮られ慣れている人の事です。SNSが普及したとはいえ、リクルートスーツを着て真正面からで、プロにカメラを向けられた事のある人はそんなにいないと思います。ですが、撮影の前に事前に自分はどんな表情をするのかを知っておくと本番の撮影で役に立ちます。
一度自宅でスーツに着替え、自己流でヘアメイクし、壁紙が白いところで、ご家族の誰かに撮影をしてもらいましょう。携帯のカメラで十分です。その時に、自分の表情などをみて、気になるところを知っておいてから撮影本番に挑まれると、より満足度の高い仕上がりになると思います。

③④に関しては特に写真スタジオの場合ですね。ボックス写真は機械相手なので緊張する事もなく、自分のペースで撮れるメリットはありますが、写真のクオリティを高めたいのであれば写真スタジオでの撮影がやはりおすすめです。
③と④はカメラマンの指示に対して柔軟に対応できるということ。

「こうした方がよい写真が撮れます」という指示をカメラマンはします。それに上手く対応できる人は良い写真がたくさん撮れます。

 

いかがでしたか?写真撮影は一瞬ですが、素敵な表情を造り出すには毎日の努力も必要になってきます。是非今日から笑顔を意識してみてくださいね^^

ココロスタジオは7月末までお得なキャンペーンを実施中です。
是非この機会にお越し下さいね☆

お得なキャンペーン情報はこちら

Post Navigation

撮影メニュー20%OFF 撮影メニュー20%OFF