履歴書の証明写真、修正はどこまでOKか

就活生のみなさん こんにちは、神戸三宮ココロスタジオの西川です。

証明写真のメニューで最も人気があるのが、レディースプランとメンズプランです。
人気の理由は、ヘアメイクと画像修正があって、枚数は20枚(4×3)ととてもお得なセットプランだからです。しかも今なら30%OFFなので更にお得です。

詳しいメニューはこちらから

その中でも質問が多いのが「画像修正」についてです。やはり、「どこまでしてくれるのか」「どこまでなら許されるのか」というところを気にしている人が多いようですね。

「少しでも美しく見られたい」それは当然の心理です。ただ、実際の本人と違い過ぎては問題ですよね。では画像修正(フォトレタッチ)はどのくらいならOKなのでしょう?

美肌修正だけが望ましい

今の写真加工の技術は凄いです。顔の大きさも、肌ツヤもプロの手にかかればあっという間に希望通りに変身を遂げる事ができます。肌や髪の色も、片目だけの一重を両目二重にする事だって可能です。

ですが、ココロスタジオでは美肌修正だけをおススメします。理由は色々ありますが、大きく分けて3つです。

①本人とわからなくてはならない
顔の大きさを変えたり、目を触ったりして、写真と実際の姿が違いすぎては証明写真として成立しません。自分の容姿に自信が持てるように日々のお手入れやメイクのレッスンなどを強化する方が良いのではないでしょうか?「写真もいいけど、実物の方がもっといい」それが何よりです。

②就活に対する自分の姿勢を見つめ直したい
髪の色が明るく、写真だけ黒くしたいという人もいますが、それも可能です。しかし、(地毛ではない場合)その姿勢の人と、本気で内定を取りたいから髪の毛を黒くして気持ちを切り替えて望む人ではマインドの面ですでに差が出ているのではないでしょうか?

③表情は滲み出る
以前「表情を修正してくれ」と言われた事があります。容姿も表情も今までの人生観が滲み出たもの。それを機械で修正してしまおうと考えるのはあまりにナンセンスです。自分の表情に自信が持てるようなライフスタイルを過ごした方が、今も未来も幸せなのではないでしょうか。企業が履歴書で見たいのは「美しい顔」ではなく、「美しい表情」ではないかと私は思います。

写真はなんの為に必要なのか、その写真で自分は相手に何を伝えたいのか、それを考えればどんな証明写真が良いのかイメージしやすいですね。その上で左右対称で清潔感のあるヘアメイク&美肌修正をプラスαすることで、自信につながる証明写真へとなるのではないでしょうか?

修正について良くある質問はこちらから

ご不明な点はメールでも電話でもお問い合わせ下さいね^^

Post Navigation

撮影メニュー20%OFF 撮影メニュー20%OFF