面接試験のポイント

就活生のみなさん こんにちは、神戸三宮証明写真ココロスタジオの西川ともこです。

前回のブログでは「マイナス面と向き合う」を書きました。今回のテーマは【面接試験のポイント】お伝え致します。
「生きる力」や「人前力」のような人間力を求められている現在、最も重視されるのは面接です。ではまず面接の代表的な形式をご紹介します。

①個人面接
就活生1人に対し面接官が1人以上で対応されます。お互いに深く話し合うことができ、より知り合うことができます。緊張が解けるのも早く、落ち着いて望みやすいのですが、リラックスしすぎないように注意も必要です。

②集団面接
就活生も面接官も複数います。個人と異なり「比較」することができます。質問の答えを先に言われてしまうなんてことがありますね。また、面接官も複数いるので色んなところをチェックされます。

③グループディスカッション(集団討議)
グループになった就活生に対して1つのテーマを与えてディスカッションをしてもらい、採点をしていきます。話す力、聞く力、協調性や積極性などチェックしています。

 

さて、採点は会場に着いた時から始まっています。面接が始まる前でのエチケットやマナーは大丈夫ですか?シーン別にチェックしましょう。

◆受付
面接に着た旨を伝えます。その際に挨拶や氏名など聞き取りやすい声で丁寧に行いましょう。鞄や傘など荷物の取り扱いにも注意を払って。

◆ロビー、廊下
すれ違う人には軽く会釈を行いましょう。エレベーターを使用する場合は一番最後に乗り込みましょう。

◆控え室
ごそごそ、キョロキョロしないように落ち着いて指示を待ちます。出したイスは必ず丁寧にしまいます。

◆退室後
会社を出た後、会社付近で油断をして携帯で大きな声で話したり、カフェでくつろぎ過ぎたりしていると、誰かが見ているかもしれません。日頃からマナーやエチケットを心がけるようにしましょう。

 

面接で聞かれることはもちろん会社によって異なりますが、どこの企業もポイントにしているところはなんでしょう?

A・マナー、エチケット、身だしなみ…好感が持てる印象か?挨拶をきちんとできるか?第一印象は本当に重要です。

B・熱意や意欲…向上心があるか、仕事に意欲的か、情熱と冷静さのバランスはいいか。企業イメージに合うかって大切ですね^^

C・理解力や判断力…質問の理解のスピードと返答の適切さ、言葉を正しく使っているかも要チェック!

D・人前力、表現力…正しく想いを伝える力があるか。スッと耳に入ってくる話し方や声かどうかも大切です。

 

いかがでしたか?美声になるように、まずは姿勢を正し、視線をあげて声を前に前に飛ばすように心がけて練習してみてくださいね^^

Post Navigation

撮影メニュー20%OFF 撮影メニュー20%OFF