就活生に知っておいて欲しい第0印象

お休みを頂いて、厄神さんに行ってきました^^
毎年恒例の門戸厄神♫
すごい人ごみでした〜!

2015-01-19-10-51-14_photo

去年1年間だれも大きな病気にならず過ごせた事を感謝してからの…

西宮ガーデンズでお食事タイム♫

2015-01-19-11-37-08_photo

1年に1度しか集まる事がない親戚たち。
近況報告(ほぼ子供→孫の話題のみですが)して美味しいもの食べて早々に撤収w。
忙しい現代、疎遠になりがちだけれど、こうしてキッカケを定例で作っておく事ってやはり大切ですね^^

 

こんにちは、神戸三宮cocoro studio Make-up artistの西川ともこです。
今回のテーマは「就活生に知っておいて欲しい第0印象」です。

先日、神戸のココロスタジオ内で2015年1発目のセミナーが開催されました。
就活生のメイクアップ講座です。

2014-06-25-15-53-41_deco

90分しかないので駆け足での進行ではありますが、なにかひとつでも得れるものがあってくれたら嬉しいな〜と思って進行しています。

冒頭に必ずお伝えする事があります。それは
「就活のメイクで心がけて欲しい事」ポイントは3点です。

①健康的に見える事

②誠実に見える事

③知的に見える事

「人は見た目じゃない!」という人もいるかもしれませんが、面接は第一印象が大きく左右されるといっても過言ではありません。短い時間で判断しないといけないわけですから面接する側もインスピレーションを大切にしないわけがありません。第一印象は6秒〜12秒で決まるといわれています。面接会場に入場し、一礼して着席するまでに決着はついている、かも知れません。少なくともその間に
①不健康に見えて②品がなく見えて③知性を感じなければ
面接官の関心を得れないのは間違いありません。

しかも面接の前には実は「第0印象」というものが存在します。そう、履歴書の情報です。
書面で仕入れた情報で既にあなたの印象はある程度固まっているのです。
出身地や学校名、生年月日…。面接官が勝手にもっているイメージを勝手にあてはめているのです。
わかりやすく例をあげるならば、血液型占い。
A型は几帳面、O型はおおらか。のように、特になんの根拠もないけれど、「そういわれている」「そういうイメージ」というのが頭の中で定着し、勝手に「この人はこういう人」というのが事前情報だけである程度確定していることがあります。(ステレオタイプという)
住んでる地域の情報や学校の世間の印象、世代のイメージ。それを他者目線で分析して知っておく事は大切だと思います。自分の情報や環境は相手にどう映るか。それを知っておくだけでも自己の表現に大きく役立つのではないでしょうか?(人の性格は環境によって形成されていくのも事実です。面接官の判断材料には十分なりえるでしょう)

ちなみに就活証明写真も第0印象。きちんとスタジオ撮影された写真は就活に対する熱意が0.1秒で伝わります。
お写真がまだの人は1月中ならレディースプラン20%オフです。お友達と一緒ならもっと安くなるので是非ご利用下さいませ^^

Post Navigation

撮影メニュー20%OFF 撮影メニュー20%OFF