自分は他人にどう見られているか!

自分は他人にどう見られているか!

セルフイメージを修正していきましょう。

自分の事は自分が1番よく知っていると思われ方もいらっしゃるでしょうが、他人からは逆のイメージを持たれてるいる場合もあります。

他人からは「物腰やわらかい柔軟な方だ」と思われている人が、実は自分では融通の効かない頑固な性格と思っていたりします。

人からの印象とセルフイメージは違うということです。就活では、どんな企業さんであれ「他人の目に写った自分」が問題で大事なところです。

自分は他人にどう見られているか?cocoro studio(ココロスタジオ)のブログ

前回のブログで自己分析について書きましたが
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

「自己分析からはじめよう」

次に、友人や家族、親戚に以下の事柄を訪ねてみましょう。耳が痛い事や不愉快な想いをするかもしれませんが、それが人からの印象なので謙虚に受け止める事ができたら大成功です。

友人に尋ねるポイント

・自分の長所と短所
・好きなところ嫌いなところ
・自分の性格を何かに例えてもらう
・今の自分になにか要求はないか
・どんな仕事が向いているか

あなたの魅力を引出す証明写真

 

家族や親戚に尋ねるポイント

・進学などの岐路に立たされた時に自分はどん風だったか
・1番楽しそうにしていたのはどんな時か
・成長を感じたのはいつで、どんな時か
・自分の長所と短所
・今の自分になにか要求はないか
・どんな仕事が向いているか

いかがだったでしょうか? 前出の「自己分析からはじめよう」で得た自分とのギャップがあったと思います。

友達や家族から得たイメージと自己分析を照らし合わせて、セルフイメージの修正をしていきましょう。この修正とは2つのギャップを埋めていく作業です。就活が本格化してESの提出や面接が始まるまでには、やっておきたい事の1つですね。

友達や家族に自分の事を尋ねることによって、自分では気づかなかった意外な長所が見つかることも結構あります。また短所は、これを自覚して改善していくことで自分の成長に繋がります。そして複数の人に指摘された長所はあなたの最大の「強み」になるのではないでしょうか!

ESや履歴書に書く自分の強みが揃ってきましたね!ES、履歴書の書き方のちょっとしたコツはコチラから

Post Navigation

撮影メニュー20%OFF 撮影メニュー20%OFF