ナチュラルメイクは薄化粧ではない

就活生のみなさん こんにちは、神戸三宮証明写真ココロスタジオです。
三連休いかがお過ごしになられましたか?
多少崩れはしたものの、お天気に恵まれたお休みだったのではないでしょうか?
芸術の秋だけに神戸でも多くの芸術イベントも開催されています。
気持ちのいいこの季節、大英博物館やビエンナーレに足を伸ばしてみませんか?

 

 

12086892_541058616050375_170174636_n

さて今回のテーマはこのブログでも何度か取り上げている大切なテーマです。

ナチュラルメイクってなに?

就活生の面接に限らず、色んなシーンで「ナチュラルメイクは印象がいい」と言われていますがここで気をつけたいのは、ナチュラルメイク=「限りなく薄いメイク(薄化粧)」ではありません。

ナチュラルメイクとは「メイクを必要以上にしていないように見えるメイク。そして、その人のお顔のコンディションがベストである状態にみえる仕上がり」ということです。

ベストコンディションというのは「健康的であり、魅力的に見える」ことであり、肌トラブル(シミ、にきび、クマ、シワなど)が目立たなく、顔色がよく艶っぽい状態である事です。これらトラブルが無いに越したことはありませんが、それらが目立たないように必要最低限のカバーをしてあげることがナチュラルメイクなのです。

トレンドに乗ったメイクはプライベートを豊かにするには欠かせませんが、就活ではあまり意識しない方が無難です。あくまで何もしていないように見えるカバーされたメイクを目指します。

逆に厚化粧とはどんなメイクでしょう?
それは、肌色に合っていないファンデーションを塗ったり、塗る必要がない箇所に重ね塗りしたり、顔やパーツの大きさに合っていない色やデザインをのせてしまうことです。厚化粧というのは自分の顔をよく理解していなかったり、使用する化粧品の特性を知らない場合に起こります。また、そのメイクで対面する相手の好みや要望を把握できておらず、相手に不快感を覚えさせた場合、自分ではそうは思っていなくても相手はそう思ってしまうのもひとつです。

ノーメイクはストッキングをはかないのと同じ

たまに自分の素肌はキレイだと、ファンデーションを塗らない女性がいます。これは素足で人に会いにいくのと同じでマナーとしては失礼にあたります。自分なりに素肌が美しいと思っていてもストッキングを履いたりファンデーションを塗るのは相手に対する敬意であります。自己満足で相手に不快を与えないようにするのが女性のたしなみです。

ココロスタジオではその辺もふまえてカウンセリングでメイク前にお話をさせて頂きます^^
気になることは事前にメールや電話でお問い合わせいただいてもOKです。

是非、撮影メニューの一部が30%というお得な時期に、証明写真を準備にお越し下さいね^^

 

Post Navigation

撮影メニュー20%OFF 撮影メニュー20%OFF