好印象な証明写真は就活シャツが決め手

ブログをご覧いただいているみなさま^^こんにちは、神戸三宮ココロスタジオの西川です。

松の内があけて、今日から立春である2月4日頃までが「寒中見舞い」ですね。学生のお休みもそろそろ終わり、生活リズムを戻すのが大変な今日このごろではないでしょうか?

神戸三宮のおいしいパン屋さん

朝しっかりと食事をとって気持ちのいいスタートをきりたいですね!
神戸は美味しいパン屋さんが沢山あります。ココロスタジオの近くにも人気のパン屋さんがありますよ♪撮影の帰り道に是非立ち寄られてはいかがでしょうか?

ココロスタジオへのアクセス

証明写真撮影に準備して来て欲しい事

就活証明写真に来られる前に気にかけて欲しい事があります。
それは「シャツの襟」です。

シャツはVゾーンといわれる狭いエリアしか見えないので簡単に選んでしまう人が多いようですが、実はこのVゾーンがとても大切なのです。

顔の近くなので顔うつりやフェイスラインにも影響が出ますし、証明写真にもばっちり写ります。
小さな証明写真ではありますが、このVゾーンは思った以上に印象に残ります。

サイズに合っていないとだらしなくみえたり、借り物を着ているようにみえて良い印象を残せません。
首回りのサイズを店員さんにきちっと計ってもらい、できるならスーツと同じお店でコーディネートして購入しましょう。

もう購入した人は、汚れが無いか、襟にアイロンがしっかりかかっているかチェックして撮影に挑んでくださいね。

襟は開けた方が良いか、閉じた方がいいか

2016卒、国内エアライン(航空会社)の内定いただいたココロスタジオの就活モデルさん

就活スーツに合わせるブラウスは大体以下の2つのどちらかになります。

■開襟シャツ
■レギュラーシャツ

開襟シャツは首回りがスッキリし、明るく華やかな印象になります。男性にはできないスーツスタイルなので、女性らしさが引き立つので、サービス業など人と接する仕事を考えている人にはおすすめです。

また、レギュラーシャツは一番上のボタンまできちんと閉めるタイプのシャツは真面目で誠実な印象を与えます。金融や公務員など固い仕事にはこちらがおすすめです。首周りのサイズが合っていないとかっこ悪いので、きちんと計ってもらいましょう。

また、選ばれる時は形状記憶シャツがおすすめです。アイロンは結構手間ですし時間短縮にもなります。綿シャツは品質がよく美しいのですが、きちんとアイロンがかかっていないとシワが目立ちますし、スーツの格にも影響します。2016年の面接は6月〜。梅雨時期で洗濯も乾きにくい季節です。洗い替え等枚数も必要になるので是非形状記憶シャツを探してみてくださいね。

撮影前にわからない事などありましたらお気軽にお問い合わせくださいね〜^^

Post Navigation

撮影メニュー20%OFF 撮影メニュー20%OFF