就活女子はなぜスーツを着ないといけないの?

cocoro studio Make-up artistの西川ともこです。
今回のテーマは【就活女子はなぜスーツを着ないといけないのか】です。

大学に入って、お化粧をする機会も増えました。昔に比べて着る服の趣味も髪の色も変わった人も少なくないでしょう。
それは出会う人も変わり、出かける場所も変わったから。そう、人は環境に応じて自分を変えていきます。

PAK85_telshinagaramemowosuru1292500

 

就職活動ではスーツを着ます。スーツを着用する理由はなんでしょうか?色んな理由が考えられますが、大切なのは「なぜスーツを着ないといけないのか」を自分で考える事です。「みんなが着ているから」ではなく、「なぜ社会人は、就職活動ではスーツを着ているのか」を考えた事はありますか?

色んな考え方がありますが、スーツは「社会人としての嗜み」「相手への敬意」「制服としての役割」、安心感や信頼、清潔感などを視覚的に表現する手法です。自分の意思を相手に一瞬で伝える事が出来るのがファッションでもあります。
だから「スーツは黒じゃないとだめか」や「パンツよりスカートがいい?」などの情報収集も大切ではありますが、相手の企業はどんな人材を求めているかを考えながら選ぶ事の方が重要です。

また、スーツよりも軽視されやすいのがメイクアップ。メイクは大人のマナーです。自分を着飾るのだけがメイクではなく、相手に対して失礼が無いように身だしなみを整えるというエチケットでもあります。ビジネスシーンで大人が素顔で人前に現れるのは「自己管理が出来ない(寝坊したのか!?)」という未熟な印象を残します。学生のファッションとは違い、きちんとしたスーツでのメイクアップ。素顔ではバランスがとれません。メイクを学ぶのも社会人としての第一歩。少しずつ修得していきましょう。

cocoro studioではメイクの仕方もアドバイスしますので、「メイクを上達したい!」と思ったら是非お問い合わせくださいね^^

Post Navigation

撮影メニュー20%OFF 撮影メニュー20%OFF