就活女子は面接に何を持っていく?

cocoro studio Make-up artistの西川ともこです。
今回のテーマは【就活女子の三種の神器】です。

雑誌の特集でも人気があるのは「鞄やポーチの中身を見せて」という企画だそうです。
やはりみんな何を持ち歩いてるのか気になるようです。
可愛いものや便利なもの、流行のものなど興味関心は様々。ただ、軽くコンパクトにまとめたい!というのは性別年齢に問わず就活生にはあるみたいですね。

PAK86_okesyouhin500

さて、就活女子(就活生)の鞄の中身はどうなっているのでしょうか?
大切な書類や書籍、提出物等、紙モノが多く、ずっしりとしていますか?また、普段持ち歩かないような鞄なので使い勝手も悪く、中身を入れ替えるし忘れ物をしそうで落ち着かないという人もいるのではないでしょうか。

面接本番はできる限り、持ち物は少なく、鞄の中身の出し入れをスッキリとさせることが望ましいですね。忘れ物や急に何かあった時にと多くのモノを携帯する人もいますが、荷物は絞り込んでおきましょう。そこで今日は、これだけは持っていて欲しい「就活女子の三種の神器」についてお伝えします。

①目薬
疲れや生活の不摂生はどこに現れるか!?そう、それは目です。充血した目は不健康に思わせ、生活習慣の悪さをイメージさせてしまいます。アイメイクのお直しよりも目薬をさして、潤う瞳で面接に挑みましょう。
②清涼菓子
いわゆるフリスクやミンティア等お口をスッキリさせるもの。緊張すると人は唾液の分泌が減り、口腔内が乾きます。そうすると口臭が発生し、相手に不快感を与えます。またそれが気になり出すと声を出すことにも抵抗ができ、きちんと意思を伝えれなくなります。
③ハンカチ
前回のブログでお伝えした「香るハンカチ」を携帯します。汗や皮脂で崩れやすいベースメイク。時間がなくお直し出来なくても、軽くハンカチでテカリを押さえるだけも随分と印象は違います。もちろん香りで緊張もほぐしてくださいね。

なんでも持っておかないと不安になると思います。ですが、できれば持ち物よりも情報収集をしておく方がお勧めです。会場の近くのトイレ、コンビニ、銀行など、なにか必要になった時にそれらがどこにあるのか、それを事前にしらべておけば、もしもの時にも慌てずに対応出来ます。

気持ちも荷物も軽く、面接本番を迎えましょう!

最後にちょっとCM
cocoro studio(ココロスタジオ)では女性向けの就職活動証明写真を積極的に取り扱ってます。
肌の悩みや、体調管理、面接当日のメイクなどなんでも相談ください。また志望業種でヘアーセットやメイクの方法も変えた方が良いでしょう。業種別のメイクでお困りの方も是非ご相談ください。

Post Navigation

撮影メニュー20%OFF 撮影メニュー20%OFF