就活生が気をつけたい振る舞いとは?

ブログをご覧いただいているみなさま^^こんにちは、神戸三宮ココロスタジオの西川です。

2017年卒生の方は就活スケジュールで選考開始が2ヶ月も前倒しになりました。
6月より開始される面接や試験の準備で今は大変な時期ですね。
色んな学生に話を聞いてもやはり試験よりも面接の方が不安とのこと。
新卒の面接では転職組みと違って実績が無いので「経験」よりも「可能性」を見られると言います。
だからといって、学生らしさ全開で行っても好印象を与える事はできません。

大人としての振る舞い(社会人)を学生からどのように理解し、身につけているかを面接官はプロの目で見ています。
ではどんなところに気をつければ良いのか?を、今日のブログでまとめてみました。

就職に必要な振る舞いってなんだろな~|神戸のcocoro studio(ココロスタジオ)では頑張る就活生を応援しています。

チェックしてみよう

基本的なチェック項目です。是非確認してみてください。

①相手の目を見て挨拶をしていますか?

②自分から率先して挨拶をしていますか?

③明るく元気な笑顔をしていますか?

④美しい姿勢を保って挨拶していますか?

⑤動作と言葉が一緒になっていませんか?

簡単過ぎて「え?こんだけ?」と思われたかもしれません。
そうです。こんな簡単な事が社会人としてとても大切な振る舞いなのです。

実際できてそうでできていないのが挨拶。
挨拶はコミュニケーションの基本中の基本です。相手が自分に対してどんな風に思っているか、仕事に対する熱意はどんなものかが一瞬で読み取る事ができます。

「あ」…あかるく

「い」…いつも

「さ」…さきに

「つ」…つづけて

なんてことをマナー講習の時に聞いた事があります。

挨拶は自分から、率先して行うものです。
急に面接の時だけできるものではありませんので、日頃から気持ちのよい挨拶を心がけたいですね。

自分の表情を知る

チェックリストの③番、「明るく元気な笑顔をしていますか?」についてですが、意外にこれができていない事に気づいていない人が多かったりします。

自分では笑っているつもりなのに傍から見たら実はむっとしているように見えたり。いわゆる「え?なんか今日怒ってる?」なんて急に友達に言われる…というやつです。

証明写真を撮りにくると、自分がこんな表情をしているんだ!ということに気づいたという声をよく耳にします。

身体の歪みや表情など、自分の直すポイントが見えきます。
そういった意味でも証明写真はじっくりとスタジオで撮る事をおススメしますよ☆

ココロスタジオは6月1日にリニューアルオープンです!
キャンペーンは7月末まで延長中ですので、是非2017卒生さんもインターン準備中の2018年卒生さんもこの機会に是非ご利用下さいね〜♪

インターンシップ関連記事はこちら

キャンペーンの詳細はこちら

 

Post Navigation

撮影メニュー20%OFF 撮影メニュー20%OFF