就活生に限らず、噛む事で得られる事とは

cocoro studio Make-up artistの西川ともこです。
今回のテーマは【噛む事で得られる事とは】です。

PAK86_esawotaberushimari20131201500

2014年も残りわずかとなりました。
12月は師走と書くとおり、昔から誰しもがバタバタする時期ですね。
就活生に限らず、現代もみんな多忙です。
忙しいという字は「心を亡くす」と書きます。そうなら無いように日々の準備が大切ですね。
さて、人は忙しいと優先的にどの時間を削るのか?
多いのはこの2つ。
・睡眠の時間
・食事の時間
どちらも人間にとって必要不可欠。
そして優秀な人程、この2つを大切にしているとも言われます。
今日はこの「食事の時間」の重要性についてお話致します。

栄養のあるものをきちんと3食とるというのも勿論大切ですが、今日は食事にかける時間についてです。
食事を急いで飲み込んだり、「ながら食べ」をした覚えはありませんか?
幼い頃から大人に「よく噛んで食べなさい」と言われた事が1度はあるかと思います。
食事は一口30回程度はよく噛む事で美容と健康を手に入れる事ができます。
噛む事で唾液をたくさん出し、消化吸収を助ける以外にも、嬉しい効果は沢山あります。

・噛む事で脳が活性化され記憶力が高まると言われています。
・ストレス発散になります。
・心を落ち着かせる効果があります(緊張緩和)。
・表情筋が鍛えられ輪郭がシャープになります。

こうして効果を並べてみると、就活生の面接や試験の前にピッタリですね。
緊張しそうな時はよく噛む事で心を強くして、挑む事ができます。
直前にガムもいいですが、日頃からかたいものをよく噛んで食べる事をお勧めします。
食物繊維が多い牛蒡やキャベツなどは歯ごたえもありますし、お通じも良くなるのでお勧めです。よく味わって胃腸にも、口にも心にも栄養を与えてはいかがでしょうか?

ちなみに唾液が少ないと、口臭がキツくなります。
口の臭いが気になると、大きく開けて話せないので声が小さくなったり、相手に思いが上手く伝えられません。
しっかり伝えれるようにするためにも、唾液が沢山出るように、時間をかけて丁寧に食事をとりましょう。もちろん直前にガムを噛むのも良いと思います。

食事の時間や睡眠時間を大切にするためにも、日頃の生活リズムを乱さない事が重要ですね。
また、一緒に食事をする相手のペースに合わせるというマナーもありますので、お友達との食事なら、この事を伝えて一緒にゆっくりよく噛んで食べる事を提案されてみてはいかがでしょうか?

Post Navigation

撮影メニュー20%OFF 撮影メニュー20%OFF