就活生の化粧品の選び方②

就活生のみなさん こんにちは、神戸三宮cocoro studio Make-up artistの西川ともこです。今回のテーマは「就活生の化粧品の選び方②」です。

PAK86_okesyouhin500

前回のブログはアイブロウペンシルの選び方をお伝えしましたが、今回はファンデーションの選び方をご紹介致します。質問が多いのは「リキッドファンデーション(液体)とパウダーファンデーション(粉体)どちらをつかったらいいですか?」ということ。最近はどちらのファンデーションも仕上がりがとても美しいものが多いので結果的にはどちらでもいいのですが、「私はメイク初心者です!」「私はメイクが苦手だ!」という人にこそお勧めなのは、【リキッドファンデーション】です。「なんだかリキッドって難しそう…」そう思われたかもしれません。しかし、ほとんどメイクの知識がない人なら、まずはリキッドを修得しましょう。パウダーファンデーションは手軽で簡単。だから自己流で何となく塗ってしまっている人がほとんど。なので粉っぽく、厚塗りで、ファンデーションの筋ムラが多く見られます。また逆に薄すぎて、塗っている意味があまりない人もしばしば。簡単と思うからこそかえって適当に塗って、なんとなくキレイに塗れたからそのまま使い続ける….ということに。それなら、私は是非みなさんにはリキッドファンデーションに挑戦してもらいたいのです!リキッドファンデーションの仕上がりはカバー力がありながらも艶っぽく、薄くも厚くもパウダーより調整しやすいのです。カバーしてもパウダーよりもナチュラルに仕上げやすいのが特徴。しかし、最初は使い方を少しお勉強しなくてはなりません。なので有人カウンター(百貨店や薬局の化粧品店など)で使い方を美容部員さんに教えてもらいましょう。接客を受けるのが苦手という人も少なくありませんが、リキッドファンデーションの色の選び方や使い方を一度覚えてしまえば、パウダーやクリームファンデーションの塗り方も出来るようになります。最初は変なクセがつかないように独学ではなくプロに教えてもらうほうがいいですよ。3月に入ればUV(紫外線防止化粧品)商戦がスタートします。お店は新商品で賑やかに。じっくり相談にのってほしいなら平日の午前中がお勧めです。リキッドにも色んな種類がありますから自分の肌質にあうもの、肌色にあうものを選んでもらい、詳しく使い方を教えてもらいましょう。きっと下地やパウダーも必要になってくるので予算は10,000円くらい用意していきましょう。少し高いですが勉強代として、必ず将来的にこの経験が役に立ちます。是非、化粧品カウンターに足を運んでみましょう。この時にファンデーション以外の事もたくさん教えてもらいましょう。

Post Navigation

撮影メニュー20%OFF 撮影メニュー20%OFF