就活生の化粧品の選び方③

就活生のみなさん こんにちは、神戸三宮cocoro studio Make-up artistの西川ともこです。今回のテーマは「就活生の化粧品の選び方③」です。

2014-11-23-13-18-50_deco

アイブロウペンシル、リキッドファンデーションに続き今回で3回目。今日はアイシャドウについてお話したいと思います。「アイシャドウはどんな色を塗ったらいいですか?」これはメイク中に最も聞かれる質問です。そこでみなさんにまずお伝えしたいのが「就活生がアイシャドウを塗る意味」です。そもそもアイシャドウというのは目元に陰影をつけてより目元を印象的にする装飾美です。またはくすみや赤みが出る人に透明感のある色を使ってトラブルを隠す為にも使われます。なので就活生に装飾美が必要かといえばそうではありません。なのでくすみやトラブルがなければさほど必要がないといってもいいでしょう。証明写真の場合は、目力があったほうがいいので陰影をつける為にもすこし使用しますが面接の時は薄付きで構わないと思います。色は肌に馴染みやすいブラウン系、質感はやさしいパール系(マットはムラになりやすく厚く見えやすい/ラメは派手な印象をあたえるのでNG)瞬きをした時に瞳が美しく見えるようにツヤ感のある淡いブラウンをのせてあげるのがいいですね。アイラインやビューラー、マスカラはチャレンジしましょう。全て薄く繊細に。マスカラはボリュームタイプではなくロングラッシュでダマができないようにコーミングしましょう。アイラインも細く引いて、あくまでまつ毛の根元を塗るだけのイメージで。それを馴染ませるのにもアイシャドウは有効です。また、証明写真撮影時にアイプチをしていいか悩んでいる人もよく聞きます。面接でも使うのであれば使っても大丈夫。ただ、人によってはのりが合わずかぶれたりするのもよく聞きます。面接本番の時に目元がただれてはれたり赤くなる事だけは裂けたいので、もともとアレルギー体質の人はいきなり挑戦せずに前もってパッチテストをしましょう。少し話がそれましたが、アイシャドウはのせるとしても肌馴染みのいい色をうっすらとのせる程度でOK。付属のチップでは濃くつきすぎるので、ブラシを使用したり、薬指で塗るようにすればよりナチュラルに仕上がります。

「今持っている色でいいか不安…」という人はココロスタジオに持ってきてくださいね^^美容スタッフが丁寧にアドバイス致しますよ^^もちろんメイク講座(就活生無料!)にご参加もお待ちしております。

Post Navigation

撮影メニュー20%OFF 撮影メニュー20%OFF