就活生の日焼けはどうする?

就活生のみなさん こんにちは、神戸三宮証明写真ココロスタジオの西川です。

夏休みも真っただ中!ということで先日、淡路島の阿万海岸海水浴場に行ってきました。

11844243_516453858510851_912341354_n

南あわじ市なので少し距離はありますが、砂浜も海水もキレイで心地よかったです♫
ベストシーズンなのに、ゴミゴミもしてなくて、快適に楽しめました^^

南あわじ市は楽しめるスポットも結構ありますが、お食事どころは結構少ない!?
予約していくのがベターではないでしょうか。
道の駅は大きく、色々あるのでそれでも十分楽しめるしお腹もふくれると思います。

ちなみにこれは道の駅「福良」でがっついたタコ串@¥300☆

11823703_516455061844064_867867945_n

 

海は紫外線B波(レジャー紫外線)対策が絶対に必要です!首の後ろや鼻の頭には特に注意してくださいね><

 

ということで、今回のブログのテーマは「就活生の日焼けはどうする?」です。

むかしは、日焼けは健康的で元気な印象を与えるという説もありましたが、今はスポーツに携わる人は別として、あまり焼かない方がいいですね。というよりもキレイに焼けていればいいのですが、ムラに焼けたり、赤くなったりしていたら、逆に不健康そうであったり、なかなか好印象には受け止めてもらえないことがあります。インターンシップも同様です。特にサービス関係など実際にお客様と接する仕事に入る場合は、肌ツヤの美しい人が好まれます。(サービス業に限りませんが)ただ、今の日焼けが学生生活のアピールポイントとして発言出来るようなストーリーがあれば問題はありません。(例えば、ボランティアで海辺のゴミ清掃をしているなど)

また、海水はアルカリ性です。そして太陽の紫外線と湿気が合わさる事でブリーチ効果になるといわれていて、髪の色が抜けやすくなります。この夏に海水浴を予定している人は、肌だけでなく髪のケアも行いましょう。

就活の印象だけでなく、紫外線は浴びすぎると肌にとってけっして良くありません。肌の老化の大きな原因は紫外線と言われています。よく聞くシミだけでなく、シワ、くすみ、たるみなどほとんどのトラブルは紫外線が原因なのです(光老化)。瞳からも紫外線は吸収され、影響が出るので、サングラスもマストなので携帯してくださいね。

レジャーに行かない人も油断はいけません。実は紫外線B波よりも紫外線A波(生活紫外線)の方が肌への負担は大きいと言われています。紫外線が肌の奥底まで浸透し、コラーゲンを破壊するので大きなシワやたるみの原因になります。

荷物にはなりますが、黒い日傘や化粧直しの道具は持ち歩いて、紫外線から肌を守りましょう^^

ただいまココロスタジオではインターンシップ生の撮影が20%OFF(一部対象外)です!この機会に是非お越し下さいね☆

Post Navigation

撮影メニュー20%OFF 撮影メニュー20%OFF