就活面接、入退室のポイント

ブログをご覧いただいているみなさま^^こんにちは、神戸三宮ココロスタジオの西川です。

昨日は久しぶりの快晴でしたね!夏が近づいてくるのを感じれる1日でした。
気をつけたいのは紫外線。光老化という言葉があるように、紫外線が招くトラブルはたくさんあります。
面接が近づいているので特に気をつけたいですね。
日焼け止めを塗って、日傘をさしたりして肌を守ってあげましょう。

紫外線トラブルの関連記事はこちら

さて、本日のブログテーマは「面接で重要な入退室マナー」についてです。

人の印象は3秒できまる

人の第一印象は3秒で決まると言われています。なので面接も入室して3秒で実は結果が出ているともいいます。
自分ではできていると思っても、実はそれはできているうちには入らない、ということもあります。他人目線になって練習をしておく事は重要ですね。では一体どんなところに気をつければ良いのでしょうか?

好印象な証明写真は三宮ココロスタジオで!

①コートは会社に入る前に脱いでおく
これからの季節コートを着る事はありませんが、一応書きました。会社訪問に限らずコートを着たまま先方の建物の中に入るのはいけません。建物の中に入る前に脱いで手に持っておきます。

②受付で提出する書類は手に持っておく。
受付でもたつかないように必要書類は鞄から出しておきます。受付の方の目を見て予約時間、大学名、名前を丁寧に伝え、「よろしくお願い致します」できちんと挨拶をします。

③声はソの音いつもの1.5倍で。
自分では声が出ていると思っても、緊張しているし会場の広さや周りの音などで相手に届かないことも。いつもよりもはっきりと大きな声を出すことで、自分の緊張もほぐれます。少し高めのソの声の高さで遠くに飛ばすイメージで最初の挨拶をクリアしましょう。

④ノックは4回がビジネスマナー
ノックの回数ですが、2回はトイレで叩く回数ですので、ビジネスシーンには不適切ですので避けましょう。日本人は3回叩く人が多いのですが、3回はごく親しい間柄で行われる回数なので、本来面接のようなビジネスシーンでは4回が適切です。

⑤話をしながらお辞儀はしない。
言葉と動作は分けるのが美しい挨拶です。腰からきちんと曲げたお辞儀をし、顔をきちんと上げてから相手の目を見て声をだしましょう。メリハリのある仕草は好感度が高いのです。

 

第0印象は証明写真

いかがでしたか?入室するまでにもこんなに心がけないといけない事があるんですね!第一印象は本当に重要です。
さらに大切な第0印象。出会う前に相手に見せる履歴書。証明写真の準備は整いましたか?好印象な証明写真は神戸三宮ココロスタジオにおまかせ下さい。今ならキャンペーン継続中でお得に撮影できますよ☆

お得な証明写真キャンペーンの詳細はこちら

Post Navigation

撮影メニュー20%OFF 撮影メニュー20%OFF