就活生、秋のお肌トラブルについて(スキンケア)

就活生のみなさん こんにちは、神戸三宮証明写真ココロスタジオの西川です。

神戸の空は秋晴れで心地よいのですが、朝夕はとても冷え込んできましたね!変な話ですが、トイレの便座が冷たくてどきっとして「冬が近づいている…」と感じました^^;

神戸市役所前の道標

燥邪(そうじゃ)のお話

秋はお天気も安定するし、暑過ぎず寒過ぎずなので過ごしやすく、つい秋の夜長を楽しんでしまうのですが、秋は漢方医学で気候の変化によって伴う病のことを「燥邪(そうじゃ)」といい、乾燥が引き起こす病気があるといいます。

この「燥邪」の季節は皮膚や肺、大腸に関わるトラブルが多いです。湿疹が出て、身体がかゆくなったり、吹き出物ができて傷みを伴ったり。たくさん喉を使った時や、夜に咳が出て辛いなどの症状がでていたらそれは季節の変わり目である「燥邪」が関係しています。

原因は色々ありますが、簡単にまとめるとストレスがある状態でアルコールを摂取し過ぎていたり、夏の生活で湯船に浸からずシャワーでずっと過ごしてきて、血液循環が良くなかったり、夏バテて規則正しい食事を取っておらず、良い血液がつくられていないこと、などが原因として考えられます。

これらはあくまで参考ですが、ようはこの季節、夏の不摂生がはっきりと症状で出ている時期です。身体はしっかり温めて、栄養バランスのとれた食事をとり、アルコールの摂取量を身体に合わせるようにすれば、症状が軽くなることがあります。ですが、あまりにからだが改善しないのであれば我慢せずに直ぐに病院に行くようにしましょう。

就活生にお勧めなスキンケア

ではこの時期、就活生のみなさんに勧めたいスキンケアについてお話ししたいと思います。

「燥邪」の季節はお肌の乾燥トラブルが問題となります。原因は夏の紫外線などの外的要因と、エアコンなどの内的要因のWパンチで肌が非常に疲れきっている状態。夏に溜まったツケが今、かゆみや吹き出物となって表面化しているのです。

今できるスキンケアはしっかり保湿をすること。安いものでいいので、保湿シートマスクを、2週間以上連続して寝る前に使ってみましょう。マスクでしっかり水分を入れたら、保湿クリームできちんと蓋をして乾燥させないことがポイントです。そのクリームは朝になったらただの汚れです。油は洗顔料では落ちないので、やさしいクレンジング料で余分な油分を落とすようにしましょう。

カウンセリングができるココロスタジオ

直接アドバイスを聞きたい方は是非ココロスタジオのカウンセリングを受けてみてくださいね^^

お問い合わせの案内 神戸三宮のココロスタジオ

お問い合わせはこちら

赤みがひかなかったり、痛みを伴ったり、膿みがでているようなら、自己判断せずに、直ぐに化粧品の使用をやめて病院へ行きましょう。

 

Post Navigation

撮影メニュー20%OFF 撮影メニュー20%OFF