見た目は採用に左右する?|三宮で就活証明写真

ブログをご覧いただいているみなさま^^こんにちは、神戸三宮ココロスタジオの西川です。

前回花粉について記事を書きました。
花粉症は肌にも影響がでます><就活に限らず肌を美しく保ちたいですよね。スキンケアも習慣化してコンディションを良好にしておきましょう^^

証明写真撮影前のメイクの時によくお伺いするのが、「メイクをほとんどした事がありません」ということ。そこから大きく2つの意見にわかれます。

ひとつは「普段もしないので、面接の時もそんな感じだからあまり違いがありすぎないようにしてください」。

そしてもうひとつは「普段からメイクはやり方がわからないのでしていません。どうしたらいいですか?」。

前者は今の現状でチャレンジ、後者はより良く自分を見せる努力をスタートしようとしています。後者の方がもちろん良いのですが、前者の中には「外見を着飾るのを良しとしない」という考えを持つ人もいるようです。

では、「見た目」は採用を左右するのでしょうか?

就活でも見た目は重要

身だしなみや外見はとても重要!

就活に限らず、あらゆるシーンで人は見た目で判断をします。誰しも外見が良い人に惹かれる、それはなんら不思議な事ではありません。ただ、ここ(就活シーン)で言う外見というのは顔が整っているとかスタイルが良いとかのことではありません。それはメイクや髪型、服装、姿勢、声の出し方、視線、表情など全体的な印象のことです。これらは全て本人の努力で改善されるもの。そこに熱が入っていないということは、「関心」の対象とならない、というわけです。

「とにかくやったほうがいいならやる」ではなく「なぜ、メイクをしないといけないのだろう」ということに気づきがあることが大切です。

肌がキレイならファンデーションを塗らなくていい?そんなことはありません。それはパンストを履かず素足で出勤するようなもの。自分のノーメイクに自信があってもそれとこれとは別なのです。

濃いメイクは印象が悪いと思っている人がいます。もちろん、場に適してない濃さは良くありません。ですが、その逆の薄すぎるメイクも社会という場には適していないので同様に印象が悪いのです。

わからなければ大人に意見を聞こう

メイクは簡単に言えば元にある実線を足し過ぎない事がポイント。例えばアイラインは多少太く引いても良いけれど、目尻をはみ出さない、まつ毛も実際よりも長くしない。唇をオーバーリップで描かない。これらはパーツを誇張しすぎて華やかになります。

ただし眉尻がない人は眉尻を足すのはOKです^^

いわゆる「常識」や「社会性」は学生なら考えてもわからないこともあります。そんな時は自分や友達同士の物差しで考えるのではなく、身近な尊敬できる大人にどんどん相談しにいきましょう。

職種によっても異なったりするので、自己判断せずに色々聞いてみましょう。

ココロスタジオでもご質問にお答えしますので、お気軽にスタッフに声をかけてくださいね☆

Post Navigation

撮影メニュー20%OFF 撮影メニュー20%OFF